2015年01月20日

既婚男性83.4%が「夫婦円満」と回答 - 「仲良し」「自分が我慢してる」 | マイナビニュース

既婚男性83.4%が「夫婦円満」と回答 - 「仲良し」「自分が我慢してる」 | マイナビニュース 

 Q.あなたがた夫婦は「夫婦円満」ですか?

 今日もおいしい愛妻弁当を作ってくれた妻。オレも愛する妻のために、一生懸命働くぞー! 今回はマイナビニュース会員のうち既婚男性181名に、「あなたがた夫婦は『夫婦円満』ですか?」と聞いてみた。

 Q.あなたがた夫婦は「夫婦円満」ですか?
 

 はい 83.4%
 いいえ 16.6%
 
 

 Q.それはどうしてですか?
 

「夫婦円満」である

 ■仲がいい
 ・「結構仲良しで、よく二人で出かける」(53歳男性/印刷・紙パルプ/技術職)
 ・「お互いに仲良く協力して生活しています」(33歳男性/学校・教育関連/専門職)
 ・「仲は良いほうだと思う…飲みに行ったり、遊びに行ったり」(32歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
 
 

 ■けんかしない
 ・「めったやたらにけんかしないから」(31歳男性/商社・卸/事務系専門職)
 ・「目立ったけんかがない」(32歳男性/医療・福祉/専門職)
 ・「子供中心で衝突する場があまりないので」(49歳男性/医療・福祉/専門職)
 
 

 ■けんかするけど…
 ・「けんかもするけど、いつも一緒なので円満な方かと」(46歳男性/その他/クリエイティブ職)
 ・「けんかもするけど仲直りが早い」(42歳男性/電機/技術職)
 ・「けんかはあるが最後は納得する」(32歳男性/金融・証券/専門職)
 
 

 ■会話
 ・「いつもお互いの報告をする」(30歳男性/機械・精密機器/技術職)
 ・「会話は絶えないし、お互い思いやっていると思う」(30歳男性/電機/技術職)
 ・「何でも言うことができるから」(29歳男性/情報・IT/技術職)
 ・「ありがとうを言うから」(27歳男性/建設・土木/販売職・サービス系)
 
 

 ■お互いに…
 ・「お互いに思いやっているから」(27歳男性/アパレル・繊維/技術職)
 ・「ある程度はお互いを尊重しあっていると思うから」(46歳男性/医療・福祉/専門職)
 ・「お互いを必要としているから」(29歳男性/警備・メンテナンス/営業職)
 ・「二人とも我慢しているから」(33歳男性/情報・IT/技術職)
 
 

 ■問題がない
 ・「大きな問題もなく暮らしていけているから」(44歳男性/医療・福祉/技術職)
 ・「大きなトラブルが起きていないから」(41歳男性/商社・卸/その他)
 ・「特に問題なく19年過ぎているから」(47歳男性/建設・土木/技術職)
 
 

 ■その他
 ・「破綻を来してないので」(52歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職
 ・「自分が我慢している」(40歳男性/運輸・倉庫/技術職)
 ・「一緒にいて落ち着くから」(39歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)
 ・「最高」(44歳男性/機械・精密機器/技術職)
 
 

「夫婦円満」ではない

 ■よくけんかする
 ・「けんかが多いから」(45歳男性/電力・ガス・石油/営業職)
 ・「いさかいがあるから」(42歳男性/電機/技術職)
 ・「毎日けんかをしているからです」(37歳男性/建設・土木/営業職)
 
 

 ■その他
 ・「子供がいなければ離婚している」(41歳男性/自動車関連/技術職)
 ・「仮面夫婦だから」(46歳男性/医療・福祉/専門職)
 ・「会話がほとんどないし、お互いに思いやりが無いから」(33歳男性/機械・精密機器/技術職)
 ・「冷え切っている」(50歳男性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
 ・「十年以上一緒に外出していない」(48歳男性/通信/事務系専門職)
 ・「ついに、寝室が別になってしまったから」(52歳男性/その他/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他)
 
 

 ■総評
 自分たちは「夫婦円満」であると回答した男性は、83.4%だった。男性にとっての円満である基準とは何なのか。さっそく、夫目線の回答を見ていこう。

 最も多かったのは、「仲良しだから」といったストレートなもの。そう答えた人の中には、77歳という人も!! 共に白髪の生えるまで…。そんな夫婦でありたい、と誰しも思うところではないだろうか。

 お互いに「思いやっている」「必要としている」といった回答も多かったが、「我慢している」「頑張っている」など、"努力"の上に幸せが成り立っているという意見も中には見られた。さらに夫側だけが「我慢している」という本音(?)もチラホラ…。

 「けんかはしない」という人も多かった。特に大きな問題もなく、ちょっとしたトラブルなんて何のその。たとえけんかになっても、ちゃんと仲直りできるらしい。一方、円満ではない家庭ではけんかが絶えないよう。また、けんかすることすら放棄してしまったのか、「会話しない」という人も。そのほか「意見が根本的に合わない」、「思いやりがない」、「十年以上一緒に外出していない」など、ないない尽くしの夫婦がズラリ。ここまで来ると「終わってる…」のかもしれない。

 何十年と続く夫婦生活。円満じゃないときもあって当然だが、苦楽をともに乗り越え、最終的には「お互いが相手で良かった」と思いたいものだ。

 調査時期: 2014年10月2日〜2014年11月18日
 調査対象: マイナビニュース会員
 調査数: 男性181名
 調査方法: インターネットログイン式アンケート

 ※写真と本文は関係ありません

posted by aonoekazumi at 10:47 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻にほれ直す瞬間 - 「料理がうまい」「帰宅が遅くても待っていてくれる」 | マイナビニュース

妻にほれ直す瞬間 - 「料理がうまい」「帰宅が遅くても待っていてくれる」 | マイナビニュース 

 Q.妻にほれ直したことはありますか?

 高熱をだして寝込んだとき、一晩中、妻が優しく看病してくれた。彼女と結婚して本当によかったなぁ……。今回は、マイナビニュース会員のうち既婚男性181人に「妻にほれ直したことがあるか」聞いてみた。

 Q.妻にほれ直したことはありますか?

 はい 33.7%
 いいえ 66.3%
 

 Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)ほれ直したのはどんなときですか? どんなところにほれ直しましたか?
 

 ■家事や子育てに励む姿をみて
 ・「子育て、家事全般をよく頑張っているとき」(33歳/情報・IT/営業職)
 ・「手際よく家事をこなしているとき」(38歳/その他/技術職)
 ・「子どもが勉強の相談をすれば、ほぼ的確に答えられるところはたいした物だと思う」(52歳/その他/技術職)
 ・「疲れていてもワイシャツにアイロンがけしてくれるところ」(54歳/情報・IT/事務系専門職)
 ・「家庭を守ってくれているし、家事をしっかりやってくれている」(32歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
 
 

 ■料理上手
 ・「料理がうまい」(32歳/金融・証券/専門職)
 ・「記念日においしい料理を作ってくれたとき」(27歳/警備・メンテナンス/技術職)
 ・「自分の見たことない料理が出たとき」(28歳/食品・飲料/営業職)
 ・「料理の味付けを自分の母親に合わせようと努力してくれているとき、ひたむきさと家族を大事にしてくれているということが分かった点」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
 
 

 ■帰りが遅くても待っていてくれる
 ・「いくら遅く帰っても待っている」(60歳/電機/技術職)
 ・「夜遅く帰宅しても待っていてくれたとき」(36歳/機械・精密機器/事務系専門職)
 ・「遅く帰宅するにも関わらず待っていてくれる」(51歳/情報・IT/技術職)
 
 

 ■家族を大切にしている
 ・「親の面倒をよく見る」(47歳/電機/技術職)
 ・「家族を大切にするとき」(32歳/その他/技術職)
 ・「自分の両親の世話を一生懸命してくれているのを見たとき」(56歳/その他/販売職・サービス系)
 
 

 ■いつもほれ直している
 ・「常にほれ直してます」(47歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
 ・「毎日」(30歳/食品・飲料/技術職)
 ・「いつも好き」(26歳/医療・福祉/専門職)
 
 

 ■女を感じたとき
 ・「化粧している姿」(30歳/医療・福祉/専門職)
 ・「女らしい服装をしたとき」(29歳/小売店/販売職・サービス系)
 
 

 ■具合が悪いとき
 ・「看病してくれたとき」(36歳/自動車関連/技術職)
 ・「風邪をひいたとき遠くまで薬を買いに行ってくれた」(37歳/通信/技術職)
 
 

 ■その他
 ・「和服の着付けを自分でできること」(56歳/学校・教育関連/事務系専門職)
 ・「会話中にときめく言葉をかけられたとき」(28歳/建設・土木/技術職)
 ・「家計を切り詰めた分はお小遣いにしていいと言ったら、1年かけて貯めた小遣いで私の誕生日プレゼントを買ってくれたこと」(27歳/アパレル・繊維/技術職)
 
 

 ■総評
 既婚男性の3割超が妻にほれ直したことが「ある」と回答した。妻としては、一体どんな時に…?と気になることだろう。

 一番多かったのは「家事」に関する回答。毎日一生懸命家事に励み、尽くしてくれる姿を見るとき「その優しさに改めて惚れる」のだとか。また、家事能力の高さや手際の良さにほれるという声も挙がっていた。家事へのやる気がぐんと上がるうれしいコメントではないだろうか。

 次に目立っていたのは「帰りが遅くても起きて待っていてくれた」こと。仕事でクタクタに疲れて帰ったとき「お帰りなさい!」と笑顔で出迎えられたら、そのけなげさに思わずグッとくるのではないだろうか。

 他にも、「子どもを産んでくれたとき」や「かわいい寝顔をみたとき」「街でお年寄りに親切にしていたのを見たとき」などに思わずほれ直すとのことだった。結婚何年目であっても、妻のふとした言動にほれ直すことがあるよう。ほれ直されたい!という女性は、今回のアンケートをぜひ参考にしてほしい。

 ※写真と本文は関係ありません

 調査時期: 2014年10月2日〜2014年11月18日
 調査対象: マイナビニュース会員
 調査数: 男性181名
 調査方法: インターネットログイン式アンケート

posted by aonoekazumi at 10:46 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

既婚女性に聞いた、夫婦円満ですか? - 「自分ばかり損している」の声も | マイナビニュース

既婚女性に聞いた、夫婦円満ですか? - 「自分ばかり損している」の声も | マイナビニュース 

 Q.あなたがた夫婦は「夫婦円満」ですか?

 結婚して10年も経つと、寝室を別にする夫婦も多いって本当!? うちはそんなの考えられないなぁ。今回はマイナビニュース会員のうち既婚女性200名に、あなたがた夫婦は「夫婦円満」かどうか教えてもらった。

 Q.あなたがた夫婦は「夫婦円満」ですか?
 

 はい 89.0%
 いいえ 11.0%
 
 

 Q.それはどうしてですか?
 

「夫婦円満」である

 ■けんかしない
 ・「けんかもないし一緒にいて楽しいから」(29歳女性/学校・教育関連/クリエイティブ職)
 ・「そんなにけんかしないし、笑い合うことが多いから」(33歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
 ・「けんかもしないし、休日は二人で仲良く過ごしているから」(31歳女性/その他/事務系専門職)
 ・「けんかもなく幸せだから」(30歳女性/ソフトウェア秘書・アシスタント職)
 
 

 ■けんかするけど…
 ・「けんかしても、仲直りは遅くても翌日のうちにします」(31歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
 ・「けんかはするけど、なんだかんだいって10年以上いるから」(31歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
 ・「ちゃんと謝るから」(28歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
 
 

 ■仲良し・円満
 ・「毎日楽しく、仲良く暮らしていると思うから」(28歳女性/その他/事務系専門職)
 ・「なんだかんだいって仲良しだし、価値観が近いから」(30歳女性/通信/事務系専門職)
 ・「これが円満でなかったら、他のどの夫婦が円満かと思うので」(29歳女性/その他/その他)
 ・「まだ新婚だし仲良しだから」(29歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)
 ・「自他共に認める、仲良し夫婦だから」(41歳女性/その他/その他)
 
 

 ■スキンシップがある
 ・「毎日スキンシップもできているから」(22歳女性/通信/秘書・アシスタント職)
 ・「毎日エッチしているから」(31歳女性/自動車関連/技術職)
 ・「毎日たくさんしゃべるし、スキンシップもあるから」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
 
 

 ■問題ない・不満がない
 ・「大きな問題もなく過ごしているから」(35歳女性/ソフトウェア/技術職)
 ・「波風はない方」(26歳女性/情報・IT/事務系専門職)
 ・「相手にほぼ不満がない」(31歳女性/農林・水産/秘書・アシスタント職)
 
 

 ■お互いに…
 ・「お互いが感謝の気持ちを伝え合うようにしているから」(25歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
 ・「どんな時も、お互いを思いやれているから」(32歳女性/医療・福祉/専門職)
 ・「お互いの時間を大切にしていて、干渉し過ぎないから」(30歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
 ・「お互いがお互いを理解し、尊重し合っている」(32歳女性/建設・土木/技術職)
 
 

 ■会話する・言い合える
 ・「毎日一緒にお風呂に入って、何時間も話をするから」(33歳女性/医療・福祉/専門職)
 ・「会話をなるべくするようにしているし、感謝の気持ちを忘れないようにしている」(28歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)
 ・「お互い納得するまで意見を言い合う」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
 ・「言いたいことは言い合うようにしているので」(31歳女性/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)
 
 

 ■その他
 ・「仮面でなら円満、いろいろ耐えてきているから…」(29歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
 ・「可もなく不可もなくという感じ」(23歳女性/人材派遣・人材紹介/営業職)
 ・「付かず離れずでいい感じだから」(30歳女性/金融・証券/専門職)
 ・「何も言わなくても居心地のいい関係でいられる」(30歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
 
 

「夫婦円満」ではない

 ■よくけんかする
 ・「よくけんかするから」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
 ・「いつも揉めごとでけんかばかりだし、イラつくことしかない」(30歳女性/その他/その他)
 ・「けんかばかりだから…、子どもがいなければ離婚していると思う」(50歳女性/電力・ガス・石油/事務系専門職)
 
 

 ■その他
 ・「好きじゃないので」(28歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)
 ・「ダンナに対して不満があるので」(49歳女性/その他/その他)
 ・「自分ばかり損しているから」(34歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
 ・「マザコンだから」(30歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
 
 

 ■総評
 既婚女性に「あなたがた夫婦は夫婦円満ですか?」と尋ねた結果、「円満ではない」と回答した人はわずか1割ほどだった。その声を拾ってみると、毎日けんかばかりでイライラするという人が多く、中には「子どもがいなかったらとっくに別れている」とのコメントも見られた。

 対して「円満夫婦」の多くは、めったにけんかしないとのこと。たとえけんかすることがあっても、その日のうちに仲直りできるという余裕ぶり。険悪な状況を放置せずに、すぐに仲直りすることが円満の秘訣のよう。夫婦関係に限らず、ぜひ見習いたいところだ。

 「スキンシップ」や「会話」が多いことも秘訣のようで「いつも会話があり笑い声がたえない」「毎日一緒にお風呂に入って何時間も話をする」というラブラブぶりを披露してくれる人もいた。日頃から会話が多く、きちんと向き合って意見を言い合える夫婦は何かトラブルが起きたとしても納得するまで話し合って解決できる強さもありそうだ。

 「けんかしない」という人が多かった女性編。しないに越したことはないけれど、言いたいことを言い合って、けんかして、仲直り…。そんな、"けんかするほど仲がいい"関係もまたうらやましい。

 調査時期: 2014年10月2日〜2014年10月28日
 調査対象: マイナビニュース会員
 調査数: 女性200名
 調査方法: インターネットログイン式アンケート

 ※写真と本文は関係ありません

posted by aonoekazumi at 10:46 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性が「妻にしたい」と思う憧れの職業1位は? - 2位公務員、3位看護師 | マイナビニュース

男性が「妻にしたい」と思う憧れの職業1位は? - 2位公務員、3位看護師 | マイナビニュース 

 アニヴェルセルはこのほど、「アニヴェルセル総研」の調査第14弾として、首都圏・関西在住の20歳〜36歳の男性を対象に実施した「結婚意識」に関する調査の結果を発表した。調査は2014年9月12日〜17日に行われ、有効回答数は492名。

妻にするなら、保育士・公務員・看護士が人気!

 「妻にしたいと思う憧れの職業 1〜3位」

 調査ではまず、「あなたが妻にしたいと思う憧れの職業はありますか?」と質問。いくつかの選択肢からあてはまる職業をすべて選んでもらったところ、ほんわかと優しいイメージを持つ「幼稚園・保育園の先生(48.8%)」が断トツ1位となった。続いて、経済的な安定志向を反映してか「公務員(29.3%)」が2位にランクインし、3位に選ばれたのは、白衣の天使「看護師(25.2%)」だった。

 「妻にしたいと思う憧れの職業 4〜8位」

 4位に入ったのは「ウェディングプランナー(16.9%)」で、「新郎新婦をきめ細かくフォローする姿は、男性から見ても憧れの女性像として映るのかもしれません」と同社。 続く5位、6位には「クリエイター・デザイナー(16.3%)」や「医師(15.7%)」といった専門職がランクイン。最後の7位は、昔もいまも女性の憧れの職業「CA(12.4%)」という結果となった。

 「職業別で支持される年齢差」

 次に、「妻にしたいと思う憧れの職業ランキング」に、「年の差婚」のアンケート結果を絡め、職業別に最も票を集めた「年齢差」をまとめてみたところ、公務員や看護師は、年齢差による目立った偏りは見られなかった。また、クリエイター・デザイナーや医師、CAといった専門性の高い職業ほど、年齢差の許容範囲が大きいことがわかった。

posted by aonoekazumi at 10:46 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納得のラインナップ! 心に残るドラマのプロポーズ5選 | マイナビニュース

納得のラインナップ! 心に残るドラマのプロポーズ5選 | マイナビニュース 

 当時、全国のお茶の間を「キャー!」と言わせたであろう、テレビドラマのプロポーズシーン。素敵なシーンに憧れたり、強烈すぎて心に残っているものもありますよね。懐かしさを感じるものから、まだ鮮明に覚えているものまで、新旧のドラマから素敵なプロポーズシーンを集めてみました。
 
 ■『101回目のプロポーズ』(1991年・フジテレビ系列)
 やはりドラマのプロポーズを語るとなれば外せないのはこちらでしょう。ドラマを観ていなくても武田鉄也さんの「僕は死にません!」を知っている人は多いのではないでしょうか。このプロポーズ、全文はこちらです。
 
 「僕は死にません! 僕は死にません! あなたが好きだから…僕は死にません! 僕が……幸せにしますから!」
 
 トラックの前に飛び出してこのセリフを叫ぶという、勢いでこれに敵うプロポーズはちょっとないのではないでしょうか。
 ちなみにこのセリフ、「僕は死にましぇ〜ん」という表記で1991年度の新語・流行語大賞大衆部門金賞を受賞しています。
 
 
 ■『花より男子2(リターンズ)』(2007年・TBS系列)
 神尾葉子作の、人気少女マンガを原作としたドラマ。主人公の牧野つくし(井上真央)は、貧しい家庭ながらも芯がしっかりした負けん気の強い女子高生。一方、同じ高校に通う道明寺司(松本潤)は財閥の御曹司で学校の独裁者。いわゆる「俺様」系の代表のような彼が、つくしにプロポーズの言葉を投げかけます。
 
 「この俺様と結婚しろ」「散々遠回りもしたし、散々嫌な思いさせちまったけど、それでもおれが一緒にいてーから……おれと結婚しろ」
 
 この強引さはありえないと思いつつも、「でも、松潤にそんなこと言われるなんて……キュン☆」……となった女子は当時多かったようです。
 
 
 ■『フルハウス』(2004年・韓国)
 ここで韓流ドラマからひとつ。こちらのドラマは韓国でも視聴率40%越えをマークするなど大人気となりました。すれ違い、一度は離れ離れになる2人ですが、ハン・ジウン(ソン・ヘギョ)の大切さに改めて気づいたイ・ヨンジェ(チョン・ジフン=ピ(Rain))はこう言います。
 
 「お前の思いは止められない。ジウン、愛してる。全宇宙が爆発するくらいだ」
 
 全宇宙が爆発してしまいそうな想いの丈とは一体どれほどのものなのか。『101回目のプロポーズ』とはまた別のアプローチで勢いのあるセリフです。
 
 
 ■『やまとなでしこ』(2000年・フジテレビ系列)
 平均視聴率26.4%という驚異の数字を叩き出した人気ドラマ。客室乗務員で合コンの女王・神野桜子(松嶋奈々子)と、財政状況の厳しい魚屋を経営する中原欧介(堤真一)。このドラマのプロポーズはこうでした。
 
 「僕はもう逃げません。あなたが好きです。たとえ明日、あなたの気が変わったとしても…」「私には見えるんです。10年後も、20年後も…あなたのそばには私がいる。残念ながら、あなたといると、私は幸せなんです」
 
 2人がここに至るまでに辿った苦悩と決意が、このプロポーズから垣間見えます。今でも名作として語り継がれているドラマで、ほかにも数々の名言を生みました。
 
 
 ■『バスストップ』(2000年・フジテレビ系列)
 バスの運転手・宮前武蔵(内村光良)とキャリアウーマン・小谷夏生(飯島直子)の恋愛ドラマです。話のテーマに沿ったこのプロポーズも印象的でした。
 
 「僕のバスに乗って頂けますか? あなたと僕の…2人の人生を乗せて走りたくなりました」
 
 ここで指輪を渡す、と。朴訥として不器用な宮前の気持ちを伝える言葉でした。
 
 あの頃が懐かしくなって、もう一度観たくなった方もいるのではないでしょうか。時間を経た今、再び同じシーンを観たら、当時は気づかなかった深い部分が見えてきたり、懐かしさなども相まってまた新しい感動が生まれるかもしれませんね。
 
 (藤井弘美+プレスラボ)
 


 本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by aonoekazumi at 10:45 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○人に1人がプロポーズを断ったことあり。気になるその理由は? | マイナビニュース

○人に1人がプロポーズを断ったことあり。気になるその理由は? | マイナビニュース 

 人生の一大イベントともいえる、プロポーズ。するもされるも大変なことには違いありませんが、テレビや動画サイトなどで公開プロポーズが成功している様子はちょいちょい目にします。でもたまに「プロポーズを断った」「プロポーズを断られた」なんて話を聞くこともありますよね。そこで今回は一体どれくらいの割合の人がプロポーズを断った・断られた経験があるのかのアンケートを実施。
 下に読み進む前に、皆さんにも頭の中で「断った経験のある人は何割か?」を一度予想して頂いて……ハイ、予想は完了されましたでしょうか。では結果を発表いたします。
 
 ■プロポーズを断ったこと、もしくは断られたことはありますか?
 両方ない……87.7%
 断ったことがある……10.7%
 両方ある……0.7%
 断られたことがある……0.7%
 
 圧倒的多数が「両方ない」と答えました。予想は的中したでしょうか。
 
 婚約・結婚していない人は別にして、プロポーズをする方は「かなりの確率で成功する」という確信のもとにプロポーズ敢行していることが多いのでしょうね。こうなると、「断ったことがある」「断られたことがある」という人のエピソードが気になってしまいます。
 
 なお、「わからない」と答えている人もいて、「わからない」なんてこっちがわからないよという気がしますが、「返事を先延ばしにしているうちに流れで断ったような形になってしまった」とかそういうことなんでしょうか。本人も「わからない」くらいやっぱり恋愛って複雑なのだなあと思った瞬間でした。
 
 さらに、男女ごとに比較してみましょう。
 【女性】
 両方ない……83.7%
 断ったことがある……14.8%
 断られたことがある……1.0%
 両方ある……0.5%
 
 【男性】
 両方ない……95.2%
 断ったことがある……2.9%
 両方ある……1.0%
 断られたことがある……0%
 
 「断ったことがある」は、女性14.8%に対して男性2.9%と、大きく差が開きました。やはりこれは女性からのプロポーズ、いわゆる世に聞く“逆プロポーズ”が非常にレアなケースであることを示していますね(プロポーズ・逆プロポーズの成功率が同じと仮定してですが)。
 
 数は少ないですが、「両方ある」と答えている人は男女それぞれにいます。大多数の「両方ない」人からすると、ちょっとそのストーリーを気になってしまいそう。
 
 ■プロポーズを断ったことがある人は断った理由を、断られたことがある人は断られた理由を教えてください。
 
 【断った人たち】
 「結婚は早いと感じたから」(27歳女性/小売店)
 「転勤に着いていけないと思ったから」(37歳女性/団体・公益法人・官公庁)
 「20代前半とまだ若かったので、自分が結婚を全く意識していなかった(43歳男性/情報・IT)
 「相手が屁理屈ばかりいう人だった。『一を知って百を知るものだよ』なんて、そんな人にプロポーズされても、お断りです!」(29歳女性/運輸・倉庫)
 
 【結果的に断られた人】
 「ダラダラ付き合いたくなかったので、交際3年経った時点で女性の自分から攻めたら、彼はちょっと迷ってオッケー。しかし結局離婚。『やっぱ男からプロポーズしてくれないと長続きしないんだろうなー、女はわりといつでも結婚したいからなー』と思った」(34歳女性/不動産)
 
 【両方ある人たち】
 「お互いのタイプの違いだと思う」(43歳男性/建設・土木)
 
 断った人たちが挙げた理由には、ほかに、「その人とは結婚したくなかった」「将来が不安」「タイミングが合わなかった」「結婚願望がない」「プロポーズ自体がダメな感じだった」などがありました。「付き合ってすらいない相手からだったから」というものもありましたが、まだ結婚に対する心の準備・生活の準備ができていなかったり、結婚に関しては考えられない相手だったり、などの要因が主となってプロポーズ失敗となったようです。
 
 ちなみに、断った人からは饒舌とも感じられるほど様々な理由が噴出したのですが、断られた人たちからはエピソードが語られることは、ほとんどありませんでした。やはり思い出したくない記憶なのでしょうか……。
 
 プロポーズを断ったことがあるのは、10人に1人よりちょっと多いくらい。なので、プロポーズがうまくいかないことって、実際はあんまりない・統計的には少ないケースだということが判明しました。もし周りにプロポーズを断られた方がいたら、「それは単なるアンラッキーだったんだよ」と言って、おおいに慰めてあげてくださいね。
 
 
 ※『マイナビニュース』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数296件(20〜50歳代の働く男女)
 
 (藤井弘美+プレスラボ)
 


 本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by aonoekazumi at 10:45 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もしかして今日プロポーズ?」とぬか喜びしてしまった瞬間 | マイナビニュース

「もしかして今日プロポーズ?」とぬか喜びしてしまった瞬間 | マイナビニュース 

 男性にはわかりづらい心境かもしれませんが、プロポーズを待ちわびる女性からすると、「もしかしたら、プロポーズされるかも!」と思ってしまうシチュエーションがあるものです。おめかしして大きな期待を胸に当日を迎えたのに、彼からその言葉が聞かれることはなく……。そんな経験をしたことのある女性もいるはず。「プロポーズされるなら今でしょ!」と思わず期待してしまったエピソードを集めました。
 
 ■彼の転職祝いで
 「男として一人前になるまでは結婚できないと言っていた彼。新卒で入った会社を辞めて、資格を取るために猛勉強。3年後にようやく、念願だった転職先に迎えられました。2人で喜んで転職祝いをすることに。きっと、『今まで待たせてごめんね。結婚しよう』という言葉を聞けるものだと思っていたのですが、完全にスルー。転職から1年後にようやく『今の会社でいけると自信がついたから』とプロポーズされましたが、あのときは数ヵ月間凹んだし、友達に別れを相談しました」(33歳/公務員)
 
 支え続けてきた、という自負があればあるほどツラいですよね。せめて、「1年経ったらプロポーズするからね」と言ってくれたら……と思ってしまいますが、そういうわけにもいかないんでしょうね。
 
 ■若すぎた思い込み
 「彼とは大学1年生のときからずっと付き合ってました。キャンパスライフをずっと一緒に過ごしたし、お互いに結婚願望が強かったので、私は卒業と同時のプロポーズを思い描いてました。卒業式会場から表に出たタイミングでプロポーズされて、皆に祝福されて……みたいな。でも結局、そんなプロポーズはなく、社会人1年目になってから半年後には彼が会社の同僚と浮気して破局……。思い出したくない過去です」(25歳/広告)
 
 これは、彼女の方の思い込みが先走り過ぎたのかもしれません。実際にそんなプロポーズがあったら素敵ですが、なかなかドラマのようにはいかないもの。
 
 ■交際10年目の記念日
 「高校時代から付き合い始めて社会人になってからもずっと別れることがなかった彼。とはいえ、付き合いが長すぎるからなのか、なかなか結婚話が出なくて、周囲のカップルが先に続々と結婚。付き合い始めて10年目、お互い28歳だし、そろそろだよねと思っていました。共通の友達たちも、『ここでプロポーズしないのはナシだよね』と。しかし、彼は『お互い、もう少し成長してから』と言って10周年を見事にスルー。愛想を尽かしかけたけど、やっぱり彼以外の人と付き合うことを想像できなくて別れられず……。未だにプロポーズなしです。どうしてくれよう」(30歳/旅行)
 
 彼女が別れられないことを知っているパターンかもしれませんね。逃げるそぶりを見せたら追ってくるかも……?
 
 ■旅行先の星空の元で
 「交際3年目。私の誕生日記念で、2人で北海道へ旅行。星空の元、2人でいい雰囲気に。将来のことを語り合っているうちに、『こ、これはもしかして、プロポーズの展開……?』というムードに。しかし、しばらくの沈黙ののち、彼が言ったのは『寒いからそろそろ戻ろうか』でした。その半年後に実際にプロポーズされて、『あの時、本当はプロポーズするつもりだったんじゃないの?』と聞いたんですが、『え? そんなムードだったっけ?』と」(27歳/美容)
 
 思惑はすれ違うものですね。2人の仲も深まり、さらにロマンチックなムード満点なシチュエーションだと、どうしても女性は期待してしまいますよね。
 
 ■29歳の誕生日
 「20代前半からずっと付き合ってきた彼。以前から、30歳までに結婚式をしたいと伝えていました。30歳までに挙式を目指して逆算したら29歳の誕生日にはプロポーズされてないと無理、彼もそれを分かっているはずと自分だけで思い込んでいた私も悪いのですが、29歳の誕生日ディナーのとき、結局別れ際まで彼からプロポーズの言葉はなく……。ショック過ぎて、『なんで? 私じゃダメなの?』と号泣してしまいました。驚いた彼が『ごめん、結婚するつもりだから、本当だから』と。実質的にそれがプロポーズになりました」(30歳/看護士)
 
 最終的に彼女が押し込んでゴールを決めたパターン。それにしても、「言わなくても多分わかってくれてるはず」は、恋愛において致命傷になりかねません。
 
 女性側の期待、男性に伝わっていないことは多々あるもの。男性は鈍感といいますが、結婚するつもりがあるのであれば、彼女にそれとなく目途を伝えてほしいものです。待たせすぎて、プロポーズしようと思ったときには彼女が逃げていた……。そんなこともあるかもしれませんよ。
 
 (鎌田和歌/プレスラボ)
 


 本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by aonoekazumi at 10:45 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

300人が決める! ズバリ、「成功するプロポーズの決め手」は! | マイナビニュース

300人が決める! ズバリ、「成功するプロポーズの決め手」は! | マイナビニュース 

 覚悟を決めて、勇気を奮い起こしてするプロポーズ。求婚の申し出から、された側からの返事があるまでのわずかな空白って、ものすごく緊張感がありそうです。せっかくプロポーズするのですから、もちろん断られるよりOKをもらいたいところ。そこで「成功するプロポーズの決め手」は一体なんなのか、男女300人のアンケートから探っていきたいと思います。
 まずは反面教師として、ダメなパターンから。
 
 ■「それは成功しないだろう…」と感じるプロポーズのエピソードを教えてください。
 「有楽町のガード下の立ち食いで…」(29歳女性/運輸・倉庫)
 戦後間もない時代のプロポーズみたいな印象ですが、「日常の中でサラッと」など、プロポーズらしくないシチュエーションでのプロポーズが格好良い、と考える男性は意外に多いです。一方女性は、「きちんとレストランとかで」を望む場合が多く、このへんに男女の違いが見受けられます。
 
 しかし、「やたらと凝りすぎていて、プロポーズを受ける前から引いてしまった」(30歳女性/団体・公益法人・官公庁)という声もあるため、男性のロマンチックが暴走してしまうパターンにも注意。サプライズや演出を好む女性は多いですが、痛々しいナルシシズム、やり過ぎ感の強いプロポーズは要注意かも?
 
 また、こんな種類の暴走もNG。「出会ってから2回目のデートでのプロポーズ」(23歳女性/医療・福祉)
 思いが強いのは結構ですが、人生を共にする意志を固めるためには、お互いを見極めるための十分な時間もほしいですよね。
 
 さらに「LINE等でのプロポーズ」(23歳女性/サービス)
 「デート代がもったいないので結婚しようというプロポーズです」(31歳女性/ソフトウェア)
 など、照れ隠しのつもりかもしれないですが、「誠意がない」と感じられてしまうプロポーズは残念!
 失敗例は様々なパターンがあるようですが、このあたりで成功例に移りましょう。
 
 
 ■成功するプロポーズと失敗するプロポーズには、どんな違いがあると思いますか? もっとも当てはまると思うものを選んでください。
 プロポーズするタイミングの良し悪し……39.3%
 プロポーズされる側の結婚願望の強弱……19.7%
 プロポーズする人の性格の良し悪し……13.3%
 プロポーズ時のカップルの熱愛度合い……10.7%
 プロポーズする人の容姿の差……7.0%
 プロポーズする人の年収の差……5.3%
 プロポーズの演出などのセンスの良し悪し……4.7%
 
 まず、「カップルの熱愛度合い」より「タイミング」や「結婚願望の強弱」が圧倒的に重視されている点に注目です。多くの人が「結婚と恋愛は別物」と考えていることの表れとも言えそう。恋愛感情だけで結婚を推し進めようとしない方がプロポーズの成功率は上がるのかも。
 
 失敗プロポーズのダメ出しが「言い方」「シチュエーション」メインだったのに、「プロポーズの演出などのセンスの良し悪し」が一番得票数が少なかったことにも注目。タイミングはOKだということを前提に、それでも失敗した場合が先ほどの例なのでしょう。男性がプロポーズの演出をあれこれ考えたとしても、それはプロポーズの成功率を高めるものではなく、素敵な思い出作りのためのツール。とはいえ、この思い出作りが、結婚後のために重要だったりするのですけどね。
 
 比較的小さな問題であると考えられていそうなのは容姿や年収。実際、プロポーズされる前にこのあたりを検討している人が多いということなんでしょうね。何にせよ成功するプロポーズの鍵を握るのは、得票数で断トツトップとなった「タイミングの良し悪し」にあるみたい。お互いの結婚欲が盛り上がったところを、逃さず捉まえ、彼女の好みに合う方法で告げるのが何より大切なようです。もちろん、その波を自ら作り出せるプロポーズ巧者もいるでしょうが……。
 
 男性が、女性の理想に応えようとプロポーズの演出を練るのは素晴らしいことですが、それに全てを賭けて他が見えなくなってしまうと、思わぬところで足をすくわれることになるもしれません。まず気をつけたいのは「お互いのタイミング」。肝に銘じたいですね!
 
 
 (藤井弘美+プレスラボ)
 
 ※2014年11月、マイナビウーマン会員 20〜50代の女性300名にWEBアンケート
 


 本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by aonoekazumi at 10:45 | Comment(0) | 恋愛結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名波氏「こんなに楽しいサッカーが」

名波氏「こんなに楽しいサッカーが」

  「奥大介追悼試合、Jアミーゴス4-2横浜フレンズ」(18日、ヤマハ)

  昨年10月17日に沖縄・宮古島で交通事故死したサッカー元日本代表MF奧大介氏(享年38)の追悼試合が18日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムで行われた。奥氏がプレーしたチームで構成され、元日本代表と磐田による「Jアミーゴス」が、横浜Mと横浜FCで組んだ「横浜フレンズ」に4−2で逆転勝ちした。

  Jアミーゴスの元日本代表MF名波浩氏は、0−2の前半33分にPKで1点を返すと両手で天を指さした。奧氏が亡くなった日の朝、MF西氏からの電話で訃報を知って涙を流した。追悼試合の発起人の一人でもあり、「こんなに楽しいサッカーができたことを天国の大介に感謝したい」と話した。

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田“バスケ”発言に罰金5000ドル

本田“バスケ”発言に罰金5000ドル

  「アジア杯・1次L、日本-ヨルダン」(20日、メルボルン)

  アジア杯を主催するアジア・サッカー連盟(AFC)は18日、1次リーグD組初戦のパレスチナ戦(12日・ニューカッスル)で審判の判定を批判したとして日本代表FW本田圭佑(28)=ACミラン=に対して罰金5000ドル(約58万8000円)を科したと公式サイトで発表した。2連覇を目指すチームは、8強入りがかかるヨルダンとの1次リーグ第3戦に向けてメルボルン市内で冒頭15分間を除いた非公開練習で調整を行った。

  本田はパレスチナ戦後の取材ゾーンで、同戦の笛を吹いたカタール人主審の判定について質問されると「言いたくはないが」と前置きした上で「すぐにファウルを取る。まるでバスケットボールの試合のようだった。アジアのレフェリーの質を上げてほしい」とコメント。これが審判批判とされ、制裁の対象となったという。

 ⇒続きを見る

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッテ田中あわや“不可”ブルペン60点

ロッテ田中あわや“不可”ブルペン60点

  ロッテのドラフト2位・田中英祐投手(22)=京大=が、新人合同自主トレ第3クールを迎えた18日、さいたま市のロッテ浦和球場で初めてブルペン入りした。捕手を立たせ、カーブを交えて25球を投じた田中は、この日の出来を「60点」と自己採点。60点未満だと単位取得不可となる自らの学業に置き換えた。

  一斉に降り注ぐカメラのシャッター音にも動じず、田中は腕をしならせた。秀才ルーキーが、ベールを脱いだ。

  捕手のドラフト4位・寺嶋を立たせたまま、直球ばかり20球。小気味よい捕球音を響かせた。その後カーブを4球交え、ラストボールとなった25球目で、再び真っすぐを要求。「力を入れて放りました。あれは良かったと思います」と会心の笑みを漏らした。

 ⇒続きを見る

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪・平野、タイへ期限付き移籍

C大阪・平野、タイへ期限付き移籍

  J2C大阪は19日、MF平野甲斐(27)がタイのアーミー・ユナイテッドFCへ期限付き移籍すると発表した。移籍期間は今年12月31日まで。

  平野はクラブを通じて「チームが大変なときにチームを離れなければいけなかったこと、サポーターの皆様にとても大きな心配をお掛けしました。それと同時に半年間でしたが、一緒に戦えたことを誇りに思っています。これからも気にかけて応援してくださると助かります。一年でのJ1復帰祈っています」などとコメントした。

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逸ノ城五分に 初の天覧相撲にも強心臓

逸ノ城五分に 初の天覧相撲にも強心臓

  「大相撲初場所・8日目」(18日、両国国技館)

  関脇逸ノ城は突っ張って宝富士を圧倒。豪快に突き出して4勝4敗の五分に戻した。

  「途中で一瞬、引いちゃおうかと思ったけれど、やっぱり駄目だと思って引かないようにした」と笑みをこぼし、初の天覧相撲にも「緊張はなかった」と強心臓ぶりをアピール。9日目の白鵬戦へ、「頑張ります」と短く決意を表明した。

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稀勢の里、悲願初Vへ痛すぎる2敗目

稀勢の里、悲願初Vへ痛すぎる2敗目

  「大相撲初場所・9日目」(19日、両国国技館)

  痛すぎる2敗目だ。稀勢の里は立ち合いで後手を踏んでしまい、琴奨菊に左を深く差されて苦しい体勢に。最後は右からの突き落としに右ヒザから崩れ落ち、しばらく立ち上がれなかった。

  支度部屋ではしっかりとした足取りだったが、質問には「う〜ん」とうなるばかり。悲願の初Vが遠のく黒星に表情は曇ったままだった。

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチローに2年契約提示か

イチローに2年契約提示か

  【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手に対し、交渉を進めるマーリンズが2年契約の提示を準備していると18日、球団公式サイトが伝えた。

  マーリンズは昨季ナ・リーグ最多37本塁打のスタントンら外野手のレギュラーが固まっている。球団は現在「第4の外野手」の獲得を目指しており、イチローはその対象としている。

  41歳のイチローは大リーグ通算3千安打達成まであと156本に迫る。昨季は控えの位置づけで143試合に出場し、メジャー移籍後最少の102安打で、打率は2割8分4厘だった。

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川アギーレJ初ゴールで8強決めるぞ

香川アギーレJ初ゴールで8強決めるぞ

  「アジア杯・1次L、日本-ヨルダン」(20日、メルボルン)

  アジア杯連覇を目指すサッカー日本代表は20日、1次リーグD組最終戦でヨルダンと戦う。19日は試合会場で公式練習を実施。ブラジルW杯後の新体制発足以降、いまだ無得点のMF香川真司(25)=ドルトムント=は「1本決めれば状態は上がってくる」とゴールの予感を口にした。2連勝の勝ち点6で首位の日本は勝つか引き分ければ1位での準々決勝進出が決まり、敗れてもイラク−パレスチナの結果次第で8強入りの可能性がある。

  悩める背番号「10」が、自らの一発でトンネルを抜け出す。負ければ敗退の可能性もあるヨルダン戦を前に、香川は「シュートを決める上でしっかり準備をしていきたい。集中力をしっかり持てば、より精度は高まると思う」と自らが描くゴールへの過程を語った。

 ⇒続きを見る

posted by aonoekazumi at 10:39 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェニュイン死亡

ジェニュイン死亡

  サンデーサイレンスの初年度産駒でG1を2勝したジェニュインが19日、放牧中のけがにより死亡した。23歳だった。通算21戦5勝。95年の皐月賞を制し、続くダービーは2着。同年、秋の天皇賞でも2着に入った。96年にはマイルCSを制して2度目のG1制覇を成し遂げた。種牡馬引退後は、北海道安平町の社台スタリオンステーションで繋養されていた。同所の徳武氏は「種牡馬引退後も牧場で元気に過ごしていましたが、突然このようなことになり残念です」とコメントした。

posted by aonoekazumi at 10:38 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復興テーマに小委員会発足

復興テーマに小委員会発足

  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、大会準備や運営に全国紙や通信社、テレビ局の意見を反映させるメディア委員会(委員長・日枝久フジテレビ会長)の第2回会合を東京都内で開き、「復興」「世界への発信」の各テーマで議論を深める小委員会の発足を決めた。

  両テーマは昨年10月に発表された大会ビジョンの骨子に含まれている。組織委の武藤敏郎事務総長は「より踏み込んだ意見交換の場を設けたい」と話した。

posted by aonoekazumi at 10:38 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山は+2の111位と出遅れ

松山は+2の111位と出遅れ

  【ホノルル共同】米男子ゴルフのソニー・オープンは15日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、前週3位と健闘した松山英樹は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーと振るわず、2オーバーの72で111位と大きく出遅れた。

  他の日本勢も低迷し、岩田寛は1オーバーの71で94位。池田勇太と今田竜二は73で126位、宮里優作は75で140位だった。昨年8位の谷原秀人は発熱の影響による体調不良で棄権した。

  ポール・ケーシー(英国)とウェブ・シンプソン(米国)が8アンダーの62でトップに並んだ。

posted by aonoekazumi at 10:38 | Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18歳村松も美宇といとこ代表

18歳村松も美宇といとこ代表

 卓球世界選手権(4月26日開幕、中国・蘇州)の日本代表男女計14人が19日、東京・北区の味の素トレセン(NTC)で日本卓球協会から発表された。

 男子シングルスの代表に18歳村松雄斗(JOCエリートアカデミー)が初選出された。母陽子さんと、平野美の父光正さんがきょうだいで、いとこ同士での代表に「美宇は選ばれると思っていたけれど、自分はまさかです。一緒にというのは夢にも思っていなかったのでうれしいです」と話した。昨年の世界ジュニア選手権準優勝の若手ホープに、倉嶋監督も「カット打ちがうまくない選手がいればチャンス。さらなる成長を見込んでいる」と期待した。

posted by aonoekazumi at 10:34 | Comment(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本の特別なケイ」錦織地元紙トップに

「日本の特別なケイ」錦織地元紙トップに

 錦織に、全豪オープンが開催されるメルボルンでも大注目だ!

 世界5位の錦織圭(25=日清食品)が、地元「エージ」紙のトップ記事に取り上げられた。1面のトップに、ラケットを抱えた特写の写真がカラーで載り、「日本の特別なケイ」と題されて、日本でスターになっていることや、米国に13歳で渡り、アジアの選手の目標になっていることが紹介された。

posted by aonoekazumi at 10:34 | Comment(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大事なのは「成長」でなく「存続」

大事なのは「成長」でなく「存続」 

  このブログが出るのは12月30日、当たり前のことだが、明日は大みそかである。ほんとうに、1年が瞬時、幻影のように消えていく。わずかでも、時の記憶が残るように、せめてお正月のお飾りを買い揃えて、年の区切りを形にしておかないと、あらゆる記憶がどこかに散ってしまう気がするのだが、なにかと所用があって、部屋は雑然としたままである。正月の飾りでもしないと、今年の記憶がなくなるほど、今年は何もなかった年なの…

posted by aonoekazumi at 07:16 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪 28人→35人増員体制で始動

C大阪 28人→35人増員体制で始動

  J2・C大阪は19日、大阪市内で新体制を発表し、今季から指揮を執るブラジル人のパウロ・アウトゥオリ新監督(58)や高卒新人7人を含む新加入選手15人が会見した。アウトゥオリ監督は「本来いるべきステージに戻ることが一番の目標」と意気込みを語った。

  28人で始動した昨季から大幅増員して35人でのスタート。元日本代表FW玉田ら経験あるベテランを多数加えた。若手に実戦経験を積ませるためのセカンドチーム構想も視野に入れており、宮本強化本部長は「18歳の選手を除けば28人。J2を戦う人数として妥当性はある」と話した。

  また、今季のスローガンが93年のクラブ発足時と同じ「For The Top of Dreams」に決まった。原点回帰したC大阪が1年でのJ1復帰を目指す。

posted by aonoekazumi at 07:00 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
y>