2015年02月17日

ウクライナ、第4四半期GDPは前年比‐15.2%=統計局

 

 [キエフ 17日 ロイター] - ウクライナ統計局が17日発表した第4・四半期国内総生産(GDP)は前年比15.2%減少した。前期比では3.8%減だった。

posted by aonoekazumi at 17:35 | Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車=アームストロング氏、報奨金の返還命じられる

自転車=アームストロング氏、報奨金の返還命じられる 

 [16日 ロイター] - 自転車ロードレースの元選手、ランス・アームストロング氏は、スポーツ保険会社に1000万ドル(約12億円)の報奨金を返還するよう裁判所から命じられた。16日公開された裁判所文書で明らかになった。

 アームストロング氏は現役時代、ツール・ド・フランス7連覇を達成。そのうち3回の優勝に対し、米SCAプロモーションズ社が報奨金として1200万ドルを支払っていた。しかしアームストロング氏がドーピングを認めたことを受け、同社は報奨金の返還を求めて同氏を提訴していた。

 アームストロング氏は2012年、米国反ドーピング機関(USADA)が調査報告を発表した後、ツール7連覇のタイトルをはく奪されたほか、自転車競技からの永久追放処分を受けた。

posted by aonoekazumi at 14:05 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利下げ、3月まで待つことも協議=豪中銀議事録

 

 [シドニー 17日 ロイター] - 豪準備銀行が17日公表した前回金融政策会合の議事録では、利下げを3月まで待つことも協議したが、経済を支援するため2月の実施が望ましいと判断したことが明らかになった。

 中銀は2月3日の会合で政策金利のキャッシュレートを過去最低の2.25%に引き下げた。

 議事録は、金利を据え置いた場合、成長率は2015年を通じてトレンドを下回る可能性があるとの見方に言及。「現在の状況に関する評価に基づき、修正された見通しを踏まえ、需要をさらに促進するためにはキャッシュレートの引き下げが適切と理事会は判断した」としている。

 また「そうした変更のタイミングを決定する上で、理事会メンバーは今回行動するべきか、あるいは次回の会合で行うべきか議論した。その結果、近く発表する金融政策報告に関して早期に追加のメッセージを送る機会になることから今回実施することが望ましいと判断した」としている。

 債券市場は来月の追加利下げの確率を50%以上織り込んでいるものの、議事録では、これに関する明確なシグナルはなかった。

 6日発表された金融政策報告で豪中銀は2015年の成長率見通しを2.25─3.25%に、16年は3─4%に引き下げた。

 議事録によると、中銀は住宅市場の動向について注視が必要との見解で一致。

 豪ドルについては、とりわけ主要コモディティ(商品)価格が大幅に下落していることを踏まえると、基本的な価値に関する予想の大半を依然として上回っていると指摘した。

 豪中銀はまた、欧州中央銀行(ECB)やスイス国立銀行(中央銀行)、カナダ銀行(中央銀行)など他の中銀の政策緩和についても討議し、豪ドルは国内外の金融政策に関する市場の見通しの影響を受けるとの認識を示した。

posted by aonoekazumi at 11:25 | Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
y>