2015年03月05日

【春場所】奇手の使い手・宇良「声変わり高3」成長期の遅さ告白

どいちぇ 美容

    新弟子検査で検診を受ける宇良

     大相撲春場所(8日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)の新弟子検査が28日、大阪市内で行われ、167センチ(中学卒業見込み者は165センチ)以上、体重67キロ以上の体格検査を受検43人全員がパス。居反りや足取りの奇手で注目され、関学大から初の力士となる宇良和輝(22)=木瀬=は「自分の相撲を追求していきたい」と気持ちを新たにした。合格者は内臓検査の結果を待ち、初日に発表される。

     身長172センチ、体重113キロと新弟子でも小柄な宇良は、成長期が 健康 遅かっことを告白。高校1年の時は身長が152センチしかなく「女の子を合わせても一番低かった」。周囲に心配され病院で検査をしたこともあり、「声変わりは高校3年くらいで、すね毛が生えたのは大学2年。(下の毛は)高校2年の終わりくらいですかね」と照れ笑いを浮かべた。

     それでも「成長期が遅かったので、その分、体が若い」と前向きだ。初の体重100キロ超えを果たし、自己最重量も更新中。「120キロくらいにしたい。面白いと言っていただける相撲を今後も取っていければ」。成長期は遅かったが、角界ではスピード出世を狙う。

    モリ速報
posted by aonoekazumi at 15:24 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
y>