2015年02月15日

榮倉奈々、“足チョコ”に爆笑「シュールですね」

榮倉奈々、“足チョコ”に爆笑「シュールですね」 女優の榮倉奈々(27)、俳優の豊川悦司(52)が14日、都内で映画『娚(おとこ)の一生』(廣木隆一監督)初日舞台あいさつに出席。バレンタインデーと同作で話題となっている“足キス”シーンにちなんだ“足チョコ”が登場すると、榮倉は「シュールですね」とおなかを抱えて大笑いした。
 
 【写真】足キスをバックにシュールな「足チョコ」
 
  榮倉の元カレ役を演じた向井理(33)も笑いが止まらず。榮倉に“足キス”をした豊川は笑いつつも「すごくきれいな足ですね」と冷静にコメントしていた。
 
  同作は、累計150万部(全4巻)の西炯子氏原作の人気コミックを実写化。亡くなった田舎の祖母の家に移り住むことになった30代のつぐみ(榮倉)と、なかば強引にその家に住み込むことになる50代の大学教授・海江田(豊川)が織りなすラブストーリー。
 
  舞台あいさつ終盤には、JUJUがサプライズで登場し、主題歌「Hold me,Hold you」(11日発売)をアコースティックバージョンで披露。間近で聴き入っていた榮倉は「きれいな声でした」と感動し、豊川も「素敵な歌声で…惚れてまうやろ」と魅了されていた。人気モデルのマギーや菜々緒ら、総勢約100人のモデルが14日、横浜アリーナで開催されているガールズファッションショー『東京ランウェイ 2015 SPRING/SUMMER』に出演。人気ブランドの春夏新作アイテムを身にまとってランウェイに登場し、スラリと伸びた美脚を披露した。
 
 【画像一覧】藤井リナの美脚バニー姿も!東京ランウェイ2015S/S
 
  マギーは「ISBIT DAIKANYAMA」の愛らしいカラフルなミニスカート姿をはじめ、「BOY LONDON」のクールでスタイリッシュなパンツスタイルなど、ブランドのカラーに合わせて、華麗に変身。32メートルのランウェイを軽やかにウォーキングし、会場を埋め尽くした女性たちを魅了した。
 
  そのほかにも玉城ティナや八木アリサ、新川優愛など人気モデルが集結。今回は「ミックスカルチャー」をテーマに、2015年春夏の最旬トレンドを紹介している。
posted by aonoekazumi at 12:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「不思議の国のアリス」モチーフのシューズに胸キュン 誕生150周年記念のキュートなコレクション

「不思議の国のアリス」モチーフのシューズに胸キュン 誕生150周年記念のキュートなコレクション 【モデルプレス】今年で誕生150周年を迎える「不思議の国のアリス」を記念して、シューズコレクションが登場する。
 
 【アリスコレクションのラインナップを見る】チェシャ猫、トランプの国、花たちと歌うシーンなど映画を連想させるデザイン
 
 このアリスコレクションは全部で8種類、レディスブランド「RANDA(ランダ)」にて販売。
 
 「ティーパーティーサンダル」は、ポットから紅茶が勢いよく注がれるお茶会をイメージしており、ヒールがマカロンになっているのが特徴的。
 
 花のモチーフが印象的な「シンギングフラワーウェッジサンダル」は、アリスが花たちと歌うシーンを再現。サンダルの全体にチェシャ猫をデザインした「チェシャ猫ウェッジサンダル」など、どれも見た目にインパクトがある、可愛い仕上がり。
 
 ほかにも、トランプの国、ハートの女王、お茶会のティーカップなど、映画のシーンやキャラクターを連想させるデザインとなっている。
 
 なお、同コレクションのうち3種は11店舗限定で登場。2月28日全国同時発売。(modelpress編集部)
 
 ■アリスコレクション概要
 販売店舗:Tea party sandals、Cheshire cat wedges、Singing flower wedgesの3種類は11店舗の限定、その他のコレクションは全国のRANDA、ウェブストアにて販売。
 価格:7900円〜12900円(税抜)
 発売日:2月28日
 ※なくなり次第終了。
 特典:限定のシューズバッグ、シューズボックス
 ※シューズボックスは商品によって異なる。

 元の記事を読む

posted by aonoekazumi at 12:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本人志、『R-1ぐらんぷり』に持論「お客さん重い」「リセット感が出る」

松本人志、『R-1ぐらんぷり』に持論「お客さん重い」「リセット感が出る」 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、15日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜10:55)に出演し、今月10日に決勝戦が行われた『R-1ぐらんぷり』について持論を展開した。
 
 『R-1ぐらんぷり』は、ピン芸人ナンバー1を決める毎年恒例のお笑いコンテスト。今年は3,751人が出場し、サッカーの本田圭佑選手のモノマネネタを披露したじゅんいちダビッドソンが優勝した。
 
 放送を見たという松本は「面白かったですよ」と評価しながら、「ただ、昔からちょっと気になるのは…ちょっとお客さん重いね」と客席の空気について言及。「もちろん良い出来、悪い出来あるんですけど」としながら、やまもとまさみのネタを例に「面白かったのに、全くウケてないね。面白いやん! って俺は思ってて。全然ウケてない。逆にそれがおもろなってきたけど」と振り返った。
 
 さらに、以前から気になっていたこととして、「1本目のネタと2本目のネタは、ある程度同じ感じにしてくれんと」と語り、「決勝で次のネタが全く違うものになっちゃうから。コントと漫才のコンテストとやっぱり違うやんか」とコメント。「ピンネタのコントで全く違うキャラやられると、あまりにもリセット感が出る」と『キングオブコント』や『M-1グランプリ』との違いを指摘した。
 
 ゲスト出演したヒロミは、この意見に「続き(のネタ)でやった方がいいかもね。やりやすいし、見やすいし。やる方もウケたネタを引っ張ってやる」と同意しつつ、「でも、難しいだろうな。あれ、やれって言われたら俺難しいな」と語っていた。モデルのマギーが14日、神奈川・横浜アリーナで行われた、ガールズファッションショー「東京ランウェイ 2015 SPRING/SUMMER」に登場した。
 
 「MISCH MASCH」の真っ赤なワンピース姿で観客を魅了したマギーは、報道陣の取材に応じ、「すごい歓声をいただきました。春夏のファッションは、テンション上がりますね!」とにっこり。会場には、マギーのボードを掲げるファンもおり、「やっと認知してもらえるようになってきたので、もっとスキルアップしていきたい」と喜びを語ったマギーは、一部で"ポスト・ベッキー"と呼ばれていることに触れられると、「本当ですか!? そんな恐れ多いです。まだまだ頑張らないと」と恐縮していた。
 
 また、今後の活動について、「ベッキーさんのように色んな番組に出たい。芸人さんのトークの技を盗んで勉強してます」と意気込みを語ったマギー。この日の「東京ランウェイ」は、初のバレンタイン開催となったが、「男性に有名なチョコをあげても、分かんないから(笑)。手作りして可愛いラッピングをした方が気持ちが伝わると思う」と手作り派をアピールするも、「スタッフさんにケーキを配りました。(本命は)あげてないですね〜」とつぶやいていた。
 
 「東京ランウェイ 2015 SPRING/SUMMER」は、約30のファッションブランドが参加したガールズファッションショー。モデルたちによるショーのほか、コブクロ、シェネル、清水翔太らアーティストのライブ、ゲスト登場したNON STYLE、山ア賢人、千葉雄大らのトークショーを開催し、約2万人の観客を動員した。
posted by aonoekazumi at 12:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
y>