2015年02月13日

住友不動産が、新築そっくりさん事業で「先進的なリフォーム事業者」に

 

 住友不動産は2月6日、住宅再生事業本部にて手掛けている、住宅再生事業本部にて古い住まいを一棟丸ごとリフォームし、新築同様に再生する“新築そっくりさん”事業が、経済産業省が主催する「先進的なリフォーム事業者表彰(経済産業大臣表彰)」に選定されたことを発表した。


 

 “新築そっくりさん”事業は、阪神・淡路大震災をきっかけに、築年数の古い住宅の多くが耐震性など構造的に問題を抱えていることを踏まえ「地震に強く、しかも安価に、建て替えをせず住宅を再生できないだろうか」という想いから開発された新システム。同社では、建て替えに代わる“一棟丸ごと再生”として、戸建てやマンションの丸ごと再生に取り組み、それまで建て替えと部分リフォームしかなかった業界に「新たなマーケット」を創出してきたという。


 

 今回同社が選ばれた「先進的なリフォーム事業者表彰」は、消費者の住まいに関する“多様なニーズに対応”し、“独自のビジネスモデルで他の事業と差別化された強みを有する”、また、“リフォームビジネスの拡大に広く貢献”する事業者の取組みを選定・表彰するもの。同社では、建て替えに代わる住宅再生の新システムを開発し、“追加支払いなし、安心の完全定価制(ビジネスモデル特許取得)”など、リフォーム業界の既成概念を覆す独自のビジネスモデルを構築した取組みが選考基準に合致し、評価されたと考えているとのこと。


 本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by aonoekazumi at 20:33 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立区ってどんな街? 「あだワンCMグランプリ」主催者に聞いてみた!

足立区ってどんな街? 「あだワンCMグランプリ」主催者に聞いてみた! 

 足立区愛が溢れた映像が集まる

 皆さんは足立区がどんな街かご存知ですか? これまでこの地に縁がなく、答えが浮かばない方も、区への愛を表現したユニークな映像が集まる「あだちワンダフルCMグランプリ」(通称:あだワン)への応募作品を見れば、ぐっと興味がわいてくるはず。

 
 

 今回は、今年で4度目の開催となるあだワンを主催する、足立区報道広報課長の吉田厚子さんに、このコンテストや足立区の魅力についてお伺いしました。


 ――まずコンテスト立ち上げの経緯を教えてください。
 吉田さん:足立区では5年ほど前、区のイメージアップを目的に「シティプロモーション課」を発足し、その活動の一環として「あだワン」を始めました。


 

 ――面白いイベントで区のイメージも変わりますよね。若い方からの応募が多いのでしょうか?
 吉田さん:そうですね。実は第2回グランプリを受賞した方は、当時区内に住むフリーの映像クリエイターで、コンテストの経歴を履歴書に書いてくれたことで、大手レコード会社の映像部門に入社されたんです。それがご縁で、彼のご上司が、今回のあだワンの審査員として参加してくださっています。若き才能が評価されるきっかけになり、また「あだワン」の盛り上がりにも繋がったのはうれしいですね。


 

 ――それはすごいですね! では、これまでの応募作品から見えてくる、区の魅力とはどんなものでしょうか?
 吉田さん:荒川の河川敷のような昔ながらの風景、それから人の温かさや絆を描いている作品が多いので、そういったところを良さと理解してくださっているのかな、と思います。確かに足立区は、景色にも人同士の繋がりにも“下町っぽさ”が残っているのが、大きな魅力です。


 

 ――なるほど。では最後に、特に若い方にとっての、足立区の住みやすいポイントを教えてください。
 吉田さん:近年警視庁との徹底的な取り組みから、治安が良く綺麗な街に生まれ変わり、若い方も住みやすくなりました。それから以前、小学生が「あだワン」応募のテーマにもしてくれたのですが、足立区は今、日本一と言われるくらい給食がおいしいんです。これは子どもへの栄養を重要視し、手間ひまかけて作る事を大切にしてきた近年の取り組みの成果ですし、これから子育てをされる方にも、良い環境になっていると思いますよ。


 

 今後ますます住みやすい街へと成長を続けそうな足立区。あまり知らなかった方も、まずはコンテストの応募作品から伝わるさまざまな思いを通して、足立区を知ってみるのはいかがでしょうか。


 

 《参照》
 「あだちワンダフルCMグランプリ」
 足立区広報室報道広報課
 TEL:03-3880-5514
 http://www.adawan.jp/


 本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by aonoekazumi at 20:32 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

キラキラデコレーション仏具発売

キラキラデコレーション仏具発売  

 ハンドメイドガラス仏具通販を手掛けるBee-Sはこのほど、デコレーションガラス仏具セット「reflet(ルフレ)」シリーズを発売した。

 「reflet(ルフレ)」シリーズ、5点セット(香炉、火立、花立、仏飯器、茶湯器)、6万6,800円(税込)

小型化する現代仏壇にも対応

 同社によると、"個性的な仏具を部屋に備えて供養したい"というニーズが増えているとのこと。こうした状況を受けてこれまで、暖色系や白をベースにしたガラス仏具を中心とした商品ラインナップを販売してきた。

 同シリーズは、シンプルかつ上品で質のいい「オトナかわいい」アイテムのニーズが高いと考え、開発・発売した。黒色をベースに、ピンクおよび透明のラインストーンをデコレーションとして採用。ラインストーンはスワロフスキー社製の製品を使用した。

 女性デザイナーがラインナップ全体を企画。工程は、ガラス職人によるガラス宙吹き成形後に、デコレーション装飾職人のラインストーン装飾やエッチング加工の技法を用いるなど、すべてハンドメイドによる。

 商品サイズは、「香炉」が直径90mm×高さ60mm、「火立」が直径70mm×高さ50mm、「花立」が直径50mm×高さ100mm、「仏飯器」と「茶湯器」がいずれも直径60mm×高さ55mmとなる。

 3点セット(香炉、火立、花立)、4万2,800円(税込)

 販売価格は、「3点セット(香炉、火立、花立)」が、4万2,800円(税込)。「5点セット(香炉、火立、花立、仏飯器、茶湯器)」は、6万6,800円(税込)となる。同社のWEBサイトにて販売している。

posted by aonoekazumi at 09:41 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
y>